乳酸菌の件数が増加する時期とその理由

乳酸菌の件数が増加する時期とその理由

乳酸菌の製品と言うのは、花粉症とは非常に大きな関係があります。花粉症というのは身体の中で生息している抗体がおかしな状態になってしまっているので、発生するのですね。乳酸菌はその抗体を制御してくれる役割があると見なされているのです。そしてそれは、販売件数やネットでの検索件数などで証明されています。

 

春先から5月は乳酸菌の件数が増える

 

一般的に乳酸菌の製品というのは、5月に売り上げが高まる傾向があります。基本的に春先から売り上げが伸びてきて、5月にその売上高がピークになる事が多いようですね。
それとネットでの検索件数も、それは同じです。やはり春先から検索件数がアップし始めて、5月あたりに件数がピークになっている事が多いのです
なぜそのような状況になっているかと言うと、やはり花粉症でしょう。春先から5月というのは、多くの花粉が飛び始めるようになります。それで予防効果がある乳酸菌の製品を購入している方々も、多くなってくるのでしょう。

 

1月に人々からの需要が増える乳酸菌

 

それと1月も、実は乳酸菌とは大きな関係があります。前述の検索件数なのですが、ちょっと1月にその数字が高くなる事が多いのですね。その直前の12月などと比べても、1月の検索件数は多くなっている傾向があります。つまり1月は、乳酸菌の需要がちょっと多くなる訳ですね。
ではなぜその時期にその菌類の需要が多くなるかと言うと、やはりインフルエンザではないでしょうか。1月というのは、インフルエンザが流行しがちな時期ですね。現に今年に入ってからも、インフルエンザがちょっと猛威を振るっていたようなのですが。
そしてインフルエンザというのは、乳酸菌で対抗できると言われています。ですので乳酸菌に関わる件数も、ちょっと1月は高くなるのかなと推理します。